通販大好き、美容、コスメなど

ガンが心配…。 そんな方の強い味方なのが、にんじん。英語名のキャロットが名前の由来というほど、カロチンを多く含む健康野菜。

血液中のカロチンの量が増加すると、その分ガン発生率が低くなるんだって。

特に、肺ガン、すい臓ガン等の喫煙に関するガンや動脈硬化を押さえる効果抜群なんだとか。

そうそう、にんじんの調理法っていろいろあるよね。

昔からにんじんを生で使うより、煮たり、油で炒めたりと加熱したほうがいいのは知ってるよね。

これは、カロチンが油に溶けやすい性質を持っているからなんだよね。

カロチンは生だと1割程度しか吸収されないらしいよ。

煮ると3割、油と混ざり合うと5~6割も体内で吸収されるんだとか。

そうそう、特に皮には、カロチンが多く含まれてるんだって。

丁寧に洗って皮付きのまま調理するとさらにカロチンを多く摂取することができることも知ってるといいかも。

ちなみに、にんじんは、肌荒れや疲れ目にも効果抜群で~す。

コメントを残す